ED治療薬海外輸入

薬に関して定めている薬事法では、海外医薬品を国内に居ながらにして手に入れる事は認めています。それを個人輸入と呼びます。海外輸入とはなんですか。簡単に言えば、これは個人が直接海外のお店や企業、メーカーから薬を買う事です。

日本で認可されている薬は勿論、未認可の物であっても海外で一般的に販売されている物であれば、大体の物を買うことは出来ます。ただ、直接メーカー等と連絡を取り合う時は、その国の言語でコミュニケーションを図らなければいけません。そこで現在人気がある方法が、輸入代行業者を利用するという事です。

これはインターネット上にあるサイトで、そのサイトは全て日本語表記となっています。代行者は利用者が海外のメーカーから薬を買うお手伝いをするだけだという事を知っておきましょう。

日本では、厚生労働省が「薬事法」で薬の認可やルールなどを定めています。海外医薬品の個人輸入についても定められていて、この場合、個人的な利用であれば日本で未認可の薬であっても2ヶ月分未満であれば購入できると定められている物です。従って、代行業者から買うというのは法律違反になってしまう為、現時点では行われていません。

海外輸入は薬事法で定められているルールをいくつか守れば簡単に行うことができます。そのルールとは、「個人的な利用に限る」、「注文数は2ヶ月分未満である」という事です。従って、これらを守ればそれほど難しい事も無く、簡単に個人輸入は出来ます。ただ、病院で処方してもらう時の様に1錠単位で薬を手に入れる事が出来るわけではありません。

買う時はドラッグストア同様に箱単位となる事を良く理解しておきましょう。また、その人が利用する時に限り、個人輸入は出来ます。従って、注文する時にちょっと恥ずかしいからというような理由で会社名を宛先に書くと、税関を通る事ができません。偽名やニックネームで行う事もできないので、宛先はしっかりと個人名とするようにします。そうして薬事法で定められている基本的なルールを守れば、安全に行うことができる物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です