ジェネリック薬・タダラフィルの効果、副作用

ED治療薬海外輸入

薬に関して定めている薬事法では、海外医薬品を国内に居ながらにして手に入れる事は認めています。それを個人輸入と呼びます。海外輸入とはなんですか。簡単に言えば、これは個人が直接海外のお店や企業、メーカーから薬を買う事です。

日本で認可されている薬は勿論、未認可の物であっても海外で一般的に販売されている物であれば、大体の物を買うことは出来ます。ただ、直接メーカー等と連絡を取り合う時は、その国の言語でコミュニケーションを図らなければいけません。そこで現在人気がある方法が、輸入代行業者を利用するという事です。

これはインターネット上にあるサイトで、そのサイトは全て日本語表記となっています。代行者は利用者が海外のメーカーから薬を買うお手伝いをするだけだという事を知っておきましょう。

日本では、厚生労働省が「薬事法」で薬の認可やルールなどを定めています。海外医薬品の個人輸入についても定められていて、この場合、個人的な利用であれば日本で未認可の薬であっても2ヶ月分未満であれば購入できると定められている物です。従って、代行業者から買うというのは法律違反になってしまう為、現時点では行われていません。

海外輸入は薬事法で定められているルールをいくつか守れば簡単に行うことができます。そのルールとは、「個人的な利用に限る」、「注文数は2ヶ月分未満である」という事です。従って、これらを守ればそれほど難しい事も無く、簡単に個人輸入は出来ます。ただ、病院で処方してもらう時の様に1錠単位で薬を手に入れる事が出来るわけではありません。

買う時はドラッグストア同様に箱単位となる事を良く理解しておきましょう。また、その人が利用する時に限り、個人輸入は出来ます。従って、注文する時にちょっと恥ずかしいからというような理由で会社名を宛先に書くと、税関を通る事ができません。偽名やニックネームで行う事もできないので、宛先はしっかりと個人名とするようにします。そうして薬事法で定められている基本的なルールを守れば、安全に行うことができる物です。

ED治療薬の区別

バイアグラ(Viagra)とレビトラ(Levitra)とシアリス(Cialis)3剤とも有名なED治療薬として知られています。それぞれの違いはまず有効成分の違いからあげられます。

バイアグラは服用後30分程度で効き始めて、1時間ほどで薬剤の血中濃度がピークを迎えます。効果は5~6時間程度です。バイアグラが効いている間は刺激があれば反応しやすいだけで、刺激がないのに勃起したり、勃起が持続的に起こったりするわけではありません。バイアグラは他の薬剤と比べると硬さが出やすいという方が多いです。食事に対して弱い薬ですのでお腹に食事があると吸収が阻害されてしまうため、服用するときには空腹でご服用下さい。

レビトラは3種の中でも一番即効性があるED治療薬です。 服用後15分程度で効き始め、45分ほどで血中濃度がピークを迎えます。 その効果は5~6時間程度です。ED症状が軽い方は効果時間がもう少し長く感じられるかもしれません。レビトラは硬さが出やすく、刺激に対して鈍感になり、射精までの時間が延長する傾向があります。バイエル薬品の行った治験によると、レビトラを服用して性行為を行うと普段の2.4~3倍程度、挿入時間が延長したという結果がでました。 早漏傾向でお悩みの方にもおすすめのED治療薬です。

シアリスは3種類の中で、一番ゆっくり効き始めて、長く効いてくれる治療薬です。 服用後、だいたい1~2時間程度で効果が出始めますが、空腹で飲んだ場合には40分程度で効き始めるため、早く効いてほしい場合には空腹での服用をおすすめします。 シアリスの効果は24~36時間と長く続くのが特徴です。シアリスはバイアグラやレビトラよりも、効き方がマイルド、自然な効き心地という方が多いです。 強く硬い勃起で起こる違和感なども少ないため、男性の性感を損なうことがなく、射精感の遅延が少ないようです。

シアリスの副作用

シアリスは、 2003年にアメリカのイーライリリー社が製造を開始して、日本では2007年がら発売となりました。世界で3番目のED治療薬になります。シアリスは持続時間の長さが特徴で、ED治療薬の中で持続時間が一番長いです。分子構造はとても硬く、体内に入っても簡単には溶けず徐々に溶ける、服用後だいたい 1~2時間程度で効果が出始め、30~36時間作用します。

シアリスを服用した際に出る副作用については、以下のものが挙げられます。

偏頭痛や顔が赤くなる、ほてるなどで、シアリスを服用した人のうち20%ほどにおいて発生しています。その他にも、めまい、鼻水、鼻ずまり、消化不良、腰痛、筋肉痛、背痛、情緒不安定、下痢、発疹が起こる場合もあります。これらの副作用は個人差や体調の善し悪しで副作用の出方も変わってくると思われます。

国内データ
国内用量反応試験、本剤5mg~20mg群に割り付けられた総症例257例中70例(27.2%)に副作用が認められています。シアリスの主な副作用は頭痛29例(11.3%)、潮紅13例(5.1%)、ほてり9例(3.5%)、消化不良6例(2.3%)等です。

海外データ
外国で実施されたプラセボ対照二重盲検並行群間比較試験(13試験)、本剤2.5mg~20mg群に割り付けられた総症例2047例中599例(29.3%)に副作用が認められています。
主な副作用は頭痛258例(12.6%)、消化不良139例(6.8%)、背部痛63例(3.1%)、筋痛57例(2.8%)、潮紅51例(2.5%)、鼻閉35例(1.7%)、四肢痛34例(1.7%)等です。