タダラフィルの効果の詳細情報

タダラフィルはバイアグラやレビトラと同じED治療薬として日本では3番目に認可されたシアリスという薬の有効成分として知られています。ED治療薬としては主に、シアリスという商標を持つ製品に使用されており、肺動脈性肺高血圧症の治療薬ではアドシルカという名称にて用いられています。タダラフィルはED治療薬シアリスの主成分としてのは、もうわかっていますが、タダラフィルの効果は具体的に何でしょうか?本文には、タダラフィルの効果の詳細情報についてご紹介します。

タダラフィルの効果は、陰茎周辺または肺のNO作動性神経に働きかけ、血管を広げて血流を良くする作用を持ちます。これは5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という生体内の環状グアノシン一リン酸(cGMP)の分解を行っている酵素活性を阻害することが要因となります。勃起不全の場合は陰茎が勃起し、性行為をスムーズに行うこと手助けします。

最大の作用時間は約36時間で、その間にタダラフィルの効果が男性機能を支えてくれます。ED治療薬もまた普通の製品同様に、個人差があるものの平均的な作用時間も極めて安定していて、およそ24時間程度の維持が最低でも期待できるのです。

そして、ホスホジエステラーゼ-5(PDE5)を阻害すれば、「筋肉を弛緩させる物質(cGMP)」が代謝・不活性化されなくなります。その結果、筋肉を弛緩させる作用が強くなります。尿道に存在するホスホジエステラーゼ-5(PDE5)を阻害することによって、尿道の筋肉を緩めるのです。これは前立腺肥大症に効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です